レ点腫瘍学ノート

Top / 日記 / 2019年 / 11月09日

AMP HTML対応の断念

様々な試みをしてきてAMP化されたページがGoogleの検索結果に表示されるにいたったが、ここでまた新たな問題が生じた。pukiwikiカスタマイズ箇所/2019で書いていたハンバーガーメニューがAMP化されたページではうまく作動しない。

どうもAMP化されたページにGoogleから到達した場合はページのトップにGoogleのタイトルバーが表示されるが、これとCSSのz-indexの設定の相性が悪いのではないかと思われた。

これに関して様々な改良の余地があるようにも思われたが、そもそもAMP HTML自体のクセが強すぎて(とくにamp-imgでwidthとheightを入力する必要があるのがレイアウト上で非常に厄介である)、もはやサイトの総AMP化を目指すのは困難であると判断した。

またAMP化したサイトではURLがオリジナルではなくgoogleの一部として表示されるのも難点だ。これについては将来的にはオリジナルのURLでAMPが利用できるようになるらしい。

幸いAMPライブラリを読み込んで部分的にamp-imgなどを利用することはできるので、WEBページ全体をAMP HTML化するのではなく都合良いところだけを部分的にAMPタグを使うという方針で当面は対処することにする。

AMP化の断念のその後(2019.11.14追記)

2019年11月に再度AMP対応への取り組みを始めて、課題であったハンバーガーメニューの表示が修正された。具体的な内容は下記のページを参照してください。

AMP対応を断念していた経緯 2019年夏頃にpukiwikiベースで作成したこのサイトをAMPに対応させようとしたが、CSS3を利用したハンバーガーメニュー(スライドメニュー)がAMP環境では正しく表示できず、AMP対応を断念していた。また、AMP下で用いるフォームに使用するamp-formではpostメソッドを使うことができず、検索

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2020-05-02 閲覧数:1138 views.