レ点腫瘍学ノート

Top / 日記 / 2021年 / 11月13日

Synology NASをDSM 7.0にアップデートしたらSSLHが使えない

Synology NASをDSM 7.0にアップデートしたらSSLHが使えない

Synology NASをDSM 7.0にアップデートしたらSSLHが使えなくなってしまい、困っているという話のメモです。自分の備忘録を兼ねてメモしておきます。

以前にSynology NASのVPN ServerとSSLHを使って443番ポートでVPN接続することを試みた記事を書いていました。

こちらのサイトが非常に参考になった。Synology NASでSSLH OpenVPN + nginx + SSHSynology NASでSSLHhttps://tabikumo.com/sslh-nas/$ sudo -i# cd /usr/syno/share/# cp -a nginx org_nginx# c

また別のブログでSynology NAS上のSSLH OpenVPN + nginxを利用するための設定を書かれている記事があり、こちらを参考にして設定されている方もたくさんおられるかと思います。

Synology NASでSSLH OpenVPN + nginx + SSH
Synology NASでSSLH
https://tabikumo.com/sslh-nas/

しかしここに書いた方法はSynology DSM 6では使用可能ですがDSM 7.0にアップデートすると使えなくなってしまうようです。具体的にはSSLHで443ポートを開くための設定が変わってしまうため443ポートが開けず、困っています。

その他にもDSM 7.0になって変わった点が

DSM 7.0ではsslh.cfgがあるディレクトリも変更になっています。

cd usr/local/sslh/var/ (DSM 6.x)
cd var/packages/sslh/var/ (DSM 7.0)

nginxの設定ファイルがある場所はDSM 7.0ではこのようになっています。下記のディレクトリの /etc/nginx/ に nginx.conf があります。

usr/syno/share/nginx/

さらに、nginxの再起動のコマンドも変わっているようです。

synoservicecfg --restart nginx (DSM 6.x)
synosystemctl restart nginx (DSM 7.0)

何か他のアプリケーションが443ポートをlistenしておりSSLHで443をlistenできないため、今のところDSM 7.0とSSLHで443番ポートを使ったOpenVPN設定ができていません。


この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2021-11-13 閲覧数:860 views.