レ点腫瘍学ノート

Top / 日記 / 2021年 / 11月25日

一気に適応拡大が進んだ上部消化管腫瘍領域

2021年11月に抗腫瘍薬の適応拡大が一気に進みました。特に上部消化管関連の適応拡大が目立ちます。

切除不能胃癌に対するニボルマブ適応拡大

CheckMate 649試験

First-line nivolumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone for advanced gastric, gastro-oesophageal junction, and oesophageal adenocarcinoma (CheckMate 649): a randomised, open-label, phase 3 trial
Nivolumab is the first PD-1 inhibitor to show superior OS, along with PFS benefit and an acceptable safety profile, in combination with chemotherapy versus chemotherapy alone in previously untreated patients with advanced gastric, gastro-oesophageal junction, or oesophageal adenocarcinoma. Nivolumab plus chemotherapy represents a new standard first-line treatment for these patients.
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)00797-2/fulltext

ATTRACTION-4試験

関連リンク

胃癌の免疫チェックポイント阻害剤と化学療法の併用は注目度が高いだけあってさまざまな記事がネット上にあります。この記事はがん研有明の山口研成先生、愛知県がんセンターの室圭先生、大阪大学の佐藤太朗先生による座談会。ケモコンボでの恩恵を受けるのは基本的にCPS≧5の症例に限られ、CPS<5の症例に関してはやはりメリットが乏しいというのが基本的な見方のようです。でも、今回の承認範囲を見るとCPSの測定自体をしなくなるのが一般的な治療フローになってしまって、目の前の患者がCPS≧5なのかどうかを知る機会自体が無くなってしまいそうですね。

進行胃癌の1次治療におけるICIの意義と今後の展望
HER2陰性進行胃癌の1次治療として、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)ニボルマブと化学療法の併用療法は化学療法単独に比べて、全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を延長することがフェーズ3試験であるCheckMate649試験で示され、ESMO2021で発表された観察期間2年の成績でもその有用性が確認さ
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/report/202111/572803.html

こちらも会員制サイトですが、CheckMate 649と ATTRACTION-4の結果が微妙に食い違っている点についてどう解釈するかというディスカッションがなされており、これも勉強になります。

第8回座談会 CheckMate-649とATTRACTION-4について | 座談会 | OncoTribune
ESMO VIRTUAL CONGRESS 2020(ESMO2020)で、進行胃癌の1次治療にて、CheckMate 649試験とATTRACTION-4の2つの重要な試験の結果が発表されました。今回の座談会は、沖英次先生、川上尚人先生、設楽紘平先生、朴成和先生、山口研成先生にお集まりいただき、2つの試験の結果とその解釈について議論していただきました。
https://oncotribune.com/discussion/008

切除不能食道癌ペムブロリズマブ適応拡大

KEYNOTE-590試験

Pembrolizumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone for first-line treatment of advanced oesophageal cancer (KEYNOTE-590): a randomised, placebo-controlled, phase 3 study
Compared with placebo plus chemotherapy, pembrolizumab plus chemotherapy improved overall survival in patients with previously untreated, advanced oesophageal squamous cell carcinoma and PD-L1 CPS of 10 or more, and overall survival and progression-free survival in patients with oesophageal squamous cell carcinoma, PD-L1 CPS of 10 or more, and in all randomised patients regardless of histology, and had a manageable safety profile in the total as-treated population.
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01234-4/fulltext

食道癌術後ニボルマブ適応拡大

CheckMate 577試験

Adjuvant Nivolumab in Resected Esophageal or Gastroesophageal Junction Cancer | NEJM
Original Article from The New England Journal of Medicine — Adjuvant Nivolumab in Resected Esophageal or Gastroesophageal Junction Cancer
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2032125

唾液腺癌に対するトラスツズマブ適応拡大

2021年11月25日|抗悪性腫瘍剤「ハーセプチン」、唾液腺がんに対する適応拡大承認のお知らせ|ニュースリリース|中外製薬
https://www.chugai-pharm.co.jp/news/detail/20211125160000_1167.html

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:


*1 ESMO2021

更新日:2021-11-25 閲覧数:972 views.