レ点腫瘍学ノート

Top / BRCA遺伝子

BRCA遺伝子検査の注意点

オラパリブなどのPARP阻害剤を使用するにあたってBRCA遺伝子検査を行う機会が増えているが、これは乳癌治療の選択のために行う検査であると同時に遺伝性疾患の発見・診断につながる可能性があることに留意する必要がある。

問診において配慮すべきこと

特に患者に理解しておいていただくべきこと

慎重な理解が必要なポイント

更新日:2018-09-07 閲覧数:1138 views.