レ点腫瘍学ノート

Top /

Oncologic emergency

インフュージョンリアクションの対応

腫瘍崩壊症候群のマネジメント

予防(低リスク):輸液
予防(高リスク):ラスブリカーゼ
最近は尿アルカリ化は行わないようになってきている。
対処(軽症):
対処(重症):

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2019-12-03 閲覧数:555 views.