レ点腫瘍学ノート

Top / 胃癌 / 2018

SPとSOXの比較

胃癌治療ガイドライン第5版(2018年)から、切除不能進行再発胃癌に対する化学療法のうち、推奨される一次治療の1つとしてSOX療法が掲載された。オキサリプラチンは2014年から胃癌に対して保険適応となっており、これによりCAPOXやSOXが実臨床でも使えるようになった。SOX療法は大量の輸液を要さないため治療が短時間で完結し、外来通院でも行いやすく簡便な治療であることから、実臨床での使用例は急速に増えつつある。

G-SOX試験(第3相)

/Ann Oncol 2015 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25316259

G-SOX試験のETS解析

G-SOX試験をもとに早期腫瘍縮小効果(ETS)に関する検討もなされた。SOX療法とSP療法でETSとDpRに大きな差はなく、また20%以上の早期腫瘍縮小が得られた症例や大きなDpRが得られた症例はPFSやOSが良好であることが示された。
/Gastric Cancer 2018 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29948386

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2018-09-28 閲覧数:1220 views.