レ点腫瘍学ノート

Top / GIST / 薬物治療

update2016

主な臨床試験

ACOSOG Z9001

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2915459/

SSG/AIO XVIII

イマチニブ術後3年療法はイマチニブ術後1年療法にまさる。
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/1105116

その後の7.5年の長期フォローでも3年投与と1年投与で差が見られる。
/JCO https://ascopubs.org/doi/full/10.1200/JCO.2015.62.9170

術後半年頃に再発リスクが高い時期がある。
/Radiology https://pubs.rsna.org/doi/10.1148/radiol.13131040

EORTC 62024

イマチニブ術後2年療法は手術単独にまさる。

リスク分類

modified NIH criteriaとContour Mapsが有名。

NIH-Fletcher criteria for GIST risk assessment

AFIP criteria for GIST risk assessment

modified NIH criteria

Contour Maps

#ref(): File not found: "" at page "GIST/薬物治療/update2016"

世界各国のGISTの予後調査のデータをもとに、腫瘍径、核分裂像数、発生部位、ruptureの有無を指標として用いてグラフィカルに表したもの。エビデンスとしてはやや弱い点があるのは否めないものの、従来のリスク分類では腫瘍径がある基準をまたぐと大きくリスク評価が変わってしまうことがあるのに対してこのContour Mapsでは術後10年間の再発リスクを色分けしたグラフィカルな分布としてリスクを捉えることができるため、わかりやすい。患者説明にも活用しやすい。
/Lancet Oncol https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22153892

GISTの遺伝子変異に基づくイマチニブの有効性の違い

KIT exon11変異イマチニブ3年術後療法がよく効果を示す
KIT exon9変異イマチニブを800mgに増量すればよく効く(保険適用外)
PDGFRα D842V変異イマチニブは無効。ESMO guidelineではイマチニブは非推奨
wildtype GISTイマチニブは効きにくい

イマチニブの血中濃度は投与開始から100日目くらいでプラトーに達する。
/Clin Cancer Res 2012 https://clincancerres.aacrjournals.org/content/18/20/5780.abstract

GISTに対する術後化学療法の個別化治療を含む解説記事

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3565084/

再発後の治療

2016年時点の考え方

イマチニブ(JCO20018)→スニチニブ→レゴラフェニブ→イマチニブ再投与?

これについては今後の治療開発によって適宜変更改善されてゆくと思われるので、最新の情報を確認すること。

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2019-12-27 閲覧数:1321 views.