レ点腫瘍学ノート

Top / 非小細胞肺癌

update2018

肺扁平上皮癌に対する免疫チェックポイント阻害剤

KEYNOTE-407試験

肺扁平上皮癌に対してはPD-L1発現の程度によらず化学療法にペムブロリズマブを併用すると有意にOSが延長される。併用された化学療法はカルボプラチン+パクリタキセルまたはカルボプラチン+nabPTXの4サイクル。

Original Article: Pembrolizumab plus Chemotherapy for Squamous Non–Small-Cell Lung Cancer (KEYNOTE-407) https://t.co/0dJuDsg4Ix #WCLC2018 pic.twitter.com/ndYaCV8DgU

— NEJM (@NEJM) September 25, 2018

デュルバルマブ

MYSTIC試験

https://www.astrazeneca.com/media-centre/press-releases/2018/astrazeneca-provides-update-on-the-phase-iii-mystic-trial-of-imfinzi-and-tremelimumab-in-stage-iv-non-small-cell-lung-cancer16112018.html

未治療4期非小細胞肺癌に対するデュルバルマブ(イミフィンジ)およびデュルバルマブ+トレメリムマブはプラチナダブレット標準的化学療法に対してOSの有意な延長を示さず。デュルバルマブ単剤群はhazard ratio (HR) of 0.76 (97.54% CI 0.564-1.019; nominal p=0.036) 。

EGFR陽性肺癌のEGFR-TKIによる術後化学療法

SELECT試験(第2相)

/JCO https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30444685

更新日:2018-11-27 閲覧数:1002 views.