レ点腫瘍学ノート

Top / 殺細胞性抗腫瘍薬

update2014

抗がん剤の6種類の分類 殺細胞性抗がん剤

主要な化学療法レジメンの略称

CHOP(非ホジキンリンパ腫)

ABVD(ホジキンリンパ腫)

DeVIC(悪性リンパ腫救済療法)

FOLFOX(大腸がん)

FOLFIRI(大腸がん)

BEP(胚細胞腫瘍)

VIP(胚細胞腫瘍)

TIP(胚細胞腫瘍)

カルボプラチンの計算

Calvertの式

投与量=目標AUC × (GFR+25)
このGFRは血清クレアチニン値を用いてCockcroft-Gaultの式から算出されるが、欧米と日本では血清クレアチニンの測定方法が異なるため日本で用いられる酵素法で測定した血清クレアチニン値では投与量が約20%過量となる。このため、血清クレアチニン値に0.2を加えた値を用いる方法もよく行われる。

Cockcroft-Gaultの式

(140-年齢)×体重/(血清クレアチニン値×72)
女性はさらにこれを0.85倍した値。

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2018-04-28 閲覧数:852 views.