レ点腫瘍学ノート

Top / 日記 / 2021年 / 12月7日

BRAF阻害剤の間欠的投与は期待された成績を示せず

BRAF ベムラフェニブ コビメチニブ

以前にBRAF阻害剤は連続投与より間欠投与の方が耐性誘導しない論がありましたが、BRAF V600E変異陽性悪性黒色腫に対するBRAF阻害剤ベムラフェニブ+MEK阻害剤コビメチニブで間欠的投与を試し臨床試験がNature communicationにありました。

Intermittent BRAF inhibition in advanced BRAF mutated melanoma results of a phase II randomized trial - Nature Communications
Whether intermittent strategies of delivering drugs can improve cancer patients survival is still unclear. Here, the authors reports the results of a randomized phase II clinical trial aimed to compare the efficacy and safety of two dosing regimens (continuous and intermittent) of vemurafenib and cobimetinib combination as first-line treatment of patients with unresectable or metastatic advanced melanoma with BRAFV600 mutation
https://www.nature.com/articles/s41467-021-26572-6

もともとべムラフェニブは4週間連続投与で、コビメチニブは3週間投与の1週休薬です。これを4週間で1サイクルの原則投与法だとすると、4週サイクル毎に2週の休薬を挟む間欠的投与法では毒性を低く保ちながら有効性をキープできるのではないかと期待されていたわけです。

しかし、むしろPFS曲線は早く落ちて中央値は半分以下になってしまう残念な結果に。BRAF阻害の至適用量は難しいが当面は従来法がよさそうです。

In a randomized phase II trial of intermittent BRAF inhibition (with vemurafenib+cobimetinib) in pts with advanced-stage BRAF-mutant melanoma, PFS was not improved over that achieved with the standard continuous schedule: https://t.co/AJCCvl8xE2 #melsm #medonc

— NatureRevClinOncol (@NatRevClinOncol) December 7, 2021

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2021-12-07 閲覧数:445 views.