レ点腫瘍学ノート

Top / 薬剤 / イリノテカン

FOLFIRIのイリノテカン用量別の血球減少の頻度

FOLFIRIおよびそれに類似したレジメンで、イリノテカンの用量と好中球減少症や発熱性好中球減少症の発生頻度がどうなっているのか気になったので、その一覧を作成して掲載しています。

こうやって見てみるとイリノテカンの用量が180mg/m2か150mg/m2かどうか(あるいはFOLFOXIRIのように165mg/m2か)はあまり関係ない印象で、むしろ西洋人か日本人かどうかが重要なファクターのようにも見えてきます。日本人は明らかに西洋人と比べてイリノテカンによる骨髄抑制が強く出ているのではないかと考えざるを得ない数値です。

試験名併用薬用量全GrGr 3≦FN備考
大腸癌
一次治療GERCOR*1なし18076247FOLFIRI→FOLFOX群
二次治療なし18060211FOLFOX→FOLFIRI群
一次治療HCOGBev18022
一次治療WJOG4407G*2Bev15088465主に日本人
一次治療CRYSTAL*3Cet18028.2
一次治療なし18024.6
一次治療BICC-C*4Bev18043.13.6FOLFIRI群(対照群はIFL)
一次治療20060314Pani180第2相
二次治療SPIRITTBev1804730
二次治療EAGLEBev1506748主に日本人
二次治療WJOG6210GBev1508747主に日本人
二次治療VELOURAFL1806837
二次治療なし5630
二次治療RAISERam1805938.4日本人が12%
二次治療なし4623.3日本人が12%
二次治療20050181*5Pani180202
二次治療なし233
一次治療(Falcone et al)*6なし16583505FOLFOXIRI
一次治療なし18059283FOLFIRI群
一次治療TRIBE*7Bev165508.8FOLFOXIRI群
一次治療Bev18020.56.3FOLFIRI群
一次治療TRIBE-2Bev165FOLFOXIRI
一次治療Bev165FOLFOXIRI
一次治療JACCRO-CC13Bev150FOLFOXIRI、日本人、UGT1A1制限
一次治療Cet150FOLFOXIRI、日本人、UGT1A1制限
二次治療FIRIS*8なし15052FOLFIRI群、主に日本人
膵癌
一次治療ACCORD11*9なし18045.75.4膵癌FOLFIRINOX
一次治療国内第2相*10なし18077.822.2膵癌FOLFIRINOX
一次治療国内第2相*11なし15046.48.7膵癌mFOLFIRINOX
術後PRODIGE 24/CCTG PA.6*12150※66.528.43膵癌術後

※PRODIGE 24/CCTG PA.6試験は途中まではイリノテカン用量が180mg/m2で計画され、途中でプロトコルが改訂されて150mg/m2となった。

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:


*1 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/14657227/
*2 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27177863
*3 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19339720/
*4 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17947725/
*5 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20921462/
*6 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17470860
*7 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25337750/
*8 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20708966/
*9 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1011923
*10 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25117729/
*11 https://ascopubs.org/doi/abs/10.1200/JCO.2016.34.15_suppl.4111
*12 https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa1809775

更新日:2020-05-28 閲覧数:1401 views.