レ点腫瘍学ノート

Top / 胃癌 / CQ

分子標的治療開発状況

胃癌領域の分子標的治療薬の開発状況(2017年まで)

薬剤名臨床試験名治療ライン試験結果治療成績文献関連ページ
ベバシズマブMRC-ST03周術期NegativeCunningham 2015
トラスツズマブToGA1次治療PositiveBang 2010
ラパチニブLOGiC1次治療NegativeHecht 2013
ペルスズマブJACOB1次治療NegativeNCT01774786
ベバシズマブAVAGAST1次治療NegativeOhtsu 2011
ベバシズマブAVATAR1次治療NegativeShen 2015
パニツムマブREAL31次治療NegativeWaddell 2013
セツキシマブEXPAND1次治療NegativeLordick 2013
リロツムマブ(HGF抗体)RILOMET-11次治療NegativeCunningham 2015
オナルツズマブ(MET抗体)MET Gastric1次治療NegativeShah 2015
ラパチニブTyTAN2次治療以降NegativeSatoh 2014
T-DM1GATSBY2次治療以降NegativeKang 2016
エベロリムスGRANITE-12次治療以降NegativeOhtsu 2013
ラムシルマブRAINBOW2次治療以降PositiveWilke 2014
ラムシルマブREGARD2次治療以降PositiveFuchs 2014
オラパリブGOLD2次治療以降NegativeBang 2016
BBI608(STAT3阻害剤)BRIGHTER2次治療以降Negative

この記事に対するコメント

このページには、まだコメントはありません。

お名前:

更新日:2019-12-03 閲覧数:336 views.